キャッシングでお金を借りるということ
キャッシングは便利なシステムですが、融資を受ける際には安全性や金利など注意点もあります。

キャッシングとは

キャッシングは急にお金が必要となった場合、個人の信用を元にお金を貸してくれる金融システムです。
必要なお金は、働いて稼ぐのが基本ですよね。また、欲しい商品があるときは、お金をためてから購入するのが理想です。
しかし、どうしてもお金が先に必要なときもあります。そんなときに役立つのが消費者金融のキャッシングです。消費者金融を利用するときは「借りたお金は必ず返す」責任を果たすことが大切です。 それが、あなたの信用を築くことになります。

ローンと貯蓄の違いがわかりますか?
ざっくり簡単にいうと、ロ-ンは必要な消費をするために、先にお金を借り入れ、後でお金を支払うことで、貯蓄は将来お金を使うために貯えていくことです。
ロ-ンと貯蓄の違いは、お金を払う順番が後か先かだけの違いといえます。
たとえば、ローンは住宅や車などの高額商品を購入するときなどに多く使われています。お金をためるには金額が大きいので時間がかかりすぎるという場合にロ-ンを利用するとメリットが大きいでしょう。また、冠婚葬祭や病気など予定していなかった急な出費が生じたときなどにもローンは役立っています。

ローンにはさまざまな種類がありますが、利用目的に合ったローンを選ぶことが大切です。
たとえば、教育資金や旅行資金、自動車ローンなどなどあらかじめ目的が決まって場合は、契約手続きは多少面倒でも、金利の低いローンを選ぶことが大切です。
一方、消費者金融のキャッシングは「急場の資金」か必要なときに便利でな商品です。キャッシングの借り方をしっかり理解してから融資を受けましょう。

キャッシングの特徴

1.迅速に融資判断をしてくれる。
2.融資も早ければ当日が可能。
3.一定の枠内であれば必要に応じて借り入れや返済ができる。
4.プライバシーが守られ、安心して利用できる。
5.提携ATMの利用で借り入れや返済が楽に出来る。
などの特徴があります。

借入時の心得

お金を借りる場合の注意点としては、借りたあとの返済方法をしっかりと考えておくということです。

必要な場合は緊急なことが多いとは思いますが、借りたあとには利息がついてきて借りたときよりも多く返していかなければならなくなっていきます。計画性のないキャッシングほど危険なことはありませんのでしっかりと考えていく必要がでてきてしまいます。

あまりにも無理な計画では、日常生活にも影響が出ますし、仕事上のストレスにもなりかねません。また、リボ払いのカードローンを利用した場合、余計な借り過ぎに注意しなくてはなりません。

リボ払いのローンだと、いつでもお金が借りられる状態にありますので、無駄なお金をかりてしまう事も考えられます。そうなってきては、かなりの額を返済していかなければならなくなってきますので、自分の首をしめることになってきてしまいます。

また、次から次と他社から借金を繰り返すことで起こる”多重債務”には十分注意する必要があります。現在では、借り換えローンやおまとめローンなどの【借金を軽減するローン】もありますが、基本的に借金がなくなるわけではないので、借りるときの返済計画はとても重要です。

返済期間や返済総額も踏まえたうえで、できるだけ正確な返済計画を立て、それに従って淡々と日々を送ることも、お金を借りた後の行動として大切になってきます。